「しまうまねっと」 について


しまうまねっとは、希少がんの神経内分泌腫瘍(カルチノイド)の患者や家族、関係者が集う場、患者サロンです。
会費・代表・規約等なしの自由参加形式。 
東京ボランティア・市民活動センターで、3~4か月おきに開催しています。

次の会合は、2017年7月16日(日)午前 参加自由のサロン 飯田橋ボラセン
5月に昨年と同様のオフ会ならぬ、横浜でしまうまねっとの可能性を模索中

受付係に問い合わせ等 メールcmnet2012@gmail.com です 
コメント欄に、患者サロンに参加してのご感想やご希望もどうぞ!!

※しまうま仲間のブログリストに掲載許可いただける方、ご連絡ください! 
新しく加わったのは、ブログ「希少がんと共に生きる」さんです

クリックしてください  →名称の由来しまうま・ゼブラリボンがシンボルの理由
            → 右カラム説明

  神経内分泌腫瘍と診断されて不安な方、希少がんセンターの希少がんホットラインをご利用ください
 tel:03-3543-5601 平日9:00~16:00 :03-3545601

2014年12月5日金曜日

勉強会参加者募集(1月4日第1部)

第一部の内容は以下の様になります。
申込は、cmnet2012@gmail.com  にお願いします。
    ※昼食時・第二部については、申込不要の自由参加です。
      お気軽にどうぞ!
勉強会テーマ : NETNEC患者のためのあきらめない治療
                            講義と質疑の後、参加者から個別の質問にものって頂けます
              講師 :  千葉ポートメディカルクリニック院長 
                                                    腫瘍内科医 今村貴樹先生
              日時       : 201514()1030~1230
                                          受付 1010分~
              場所  : 東京ボランティア・市民活動センター
                         飯田橋セントラルプラザ 10階 A会議室
              追加募集 :   10名程度 
              会費        : 2000円程度(同伴者無料)

今村貴樹先生は、NET患者に有効な治療情報を積極的に
ご自身のHPなどを通してお示しくださっています。
STZ(ストレプトゾシンをようやく使えるようになったようですが、
長い未承認薬の時代に対応してくださっていました。
 STZのウィキペディア記述

              ○最新の薬剤、治療法に関すること 
              CAPTEM、先生の治療体験を生かしたお話
                                                                      などの希望も出ています。

以下の参照ページに目を通していただき、お聞きになりたい
ことの参考にしてください。

              記
  夢の薬ではない!! 明確な意志を持って未承認薬を使おう
  監修:今村貴樹 千葉ポートメディカルクリニック院長


○がん患者のあきらめない診察室 
       ( 緊急レポート・がんの治療情報から抜粋)

 <神経内分泌腫瘍(NET治療の進歩 2013・2014年ASCOより>20146






                                                                                                  以上

(受付係)

0 件のコメント:

コメントを投稿